青川峡キャンピングパークの水辺サイトに行ってきました!

9/16~17に青川峡キャンピングパークに行ってきました!

青川峡キャンピングパークでの宿泊は3回目です。ここは雑誌でもよく紹介されていてなかなか予約が取れない人気キャンプ場ですが我が家は「田んぼの楽校」に申し込んでいるので田んぼでの作業がある時は優先的に予約が取れるんです。

「田んぼの楽校」についてはまた後日記事にしたいと思います。

買い物はいつものイオン大安店へ

買い物は以前も使用したイオン大安店です。店内にはフードコート(小規模)がありここで昼食を取ったり買い物をしたりして時間調整しています。

今回は手抜きキャンプの予定なのでアルコールとお菓子関係を調達しました。

初利用の水辺サイトをチェック!

今まではプライベートサイトしか利用していなかったのですが今回は初めての水辺サイトです。夏場はこちらの水辺サイトが人気ですね~。

使用したサイトはA-6です。一番管理棟に近くサニタリーにも近い場所でラッキーだったかな?使用テントはcoleman コクーンⅡです。

写真の様な人工の小川を挟んで両サイドにサイトがあります。深くなく流れも穏やかなので小さいお子様でも安全ですね。もちろん目を離してはいけませんが(^^;

水辺サイトですがサイト内に石が配置(プライベートサイトにも石はあります)されているで思ってた以上に狭く感じました。それとコクーンがでかいんですよね。大きいから居住性は良いのだけど設営大変だし重いのがデメリットです。

こんな感じで石があるので避けてテントを斜めして設営してます。

別の角度から。小川側に木にあるのでこれが限界ですね。キャノピーが跳ね上げれないので入口は道路側にしました。写真の左に写っているのが先程の石です。

サイト内にはファイアサークルがありそこでなら直火OKです。焚火台を使わなくて済むから片付けの手間が1つ減りますねー。

設営後に場内を散歩しましたが水辺サイトはツールームを使用している人は少なくテントとタープを1張りずつの方が多かったです。逆にプライベートサイトとオープンサイトの方はツールームなど大型テントが多い感じでした。

みなさんサイトの特徴をよくわかってらっしゃる・・・。

ナイスキャンプマンの登場

青川峡キャンピングパーク15周年キャンプでも登場したナイスキャンプマンが来場してました!

キャンプ情報メディアLANTERNの社員さんだったかな?ナイスキャンプマンとはキャンプのマナーやモラルの大切さを広める運動をされているみたいです。

写真はナイスキャンプマンさんと青川峡キャンピングパークのメガネさんです。

センターハウスに行ったらナイスキャンプマンさんが丁度荷物を車に積んでたし日帰りっぽかったので大変そうでした(^^;

阿下喜温泉にて入浴&夕食

設営後はお風呂に行く事にしました。場内のお風呂は混雑するので気になっていた阿下喜温泉に行きましたよー。ついでに夕食もここで食べました。今回は手抜きキャンプ♪

場所もキャンプ場から10分くらいです。青川峡キャンピングパークのフロントで入浴券が割引価格で購入できるので利用するならキャンプ場で購入した方がお得です。お風呂の浴槽はそこそこの広さで気持ち良かったですよ。

お風呂から出た後は夕食タイム。私がトンテキ定食で奥様が味噌カツ丼、息子がざるそばを食べました。トンテキは少し胡椒が多目で苦手な人は駄目かも。私的には美味しかったです!

お土産やパンなども少し売っていますが過度な期待はしない方が良いと思います。どちらかというと地元の方向けな物が売っている感じでした。我が家は蒸しパンを買いました。

夜のお楽しみは定番の焚火♪

最近、息子も焚火が好きになってきた様で枯葉などを集めて楽しんでます。それと焚火で焼きマシュマロを食べます。これは毎回定番ですねー。

私は焚火をしながらウィスキーを楽しみました。空瓶にリザーブを入れてきています(笑)

リザーブの小瓶出してくれないかなぁ。

消灯時間の30分前に場内放送が掛かるので焚火を消し歯磨きをして就寝しました。

2日目は稲刈りと脱穀体験をしました

2日目は相変わらず写真がない(^^;基本片付けメインだしょうがないですねー。

朝食は奥様が作ってくれたホットサンドで美味しかったです。

チェックアウト後は今回のメインでもある稲刈り体験をしました。かなりぬかるんでいて長靴を持ってこなかった事を非常に後悔・・・。結局は裸足で稲刈りをしました。

稲刈り後は新米と芋汁と漬物を青川峡キャンピングパークのじゃぶじゃぶ池前で参加した皆さんと食べて解散です。

解散後はお米30㎏と阿下喜温泉の入浴券を貰いお風呂に入ってから岐路につきました。

青川峡キャンピングパークは相変わらず綺麗で過ごしやすいキャンプ場でした!今度はログハウスを利用してみたいなぁ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする